卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

女子シングルスで8強決定。初出場の吉松が優勝候補・白山を破る!

●女子シングルス4回戦(ランク決定戦)
横井咲桜(四天王寺) 5、5、7 野川春華(武蔵野)
高村幸佐(敬徳) ー6、9、6、9 桧山夏望(横浜隼人)
東川羽菜(宇都宮文星) ー6、6、ー4、8、8 吉井亜紀(就実)
牧野里菜(遊学館) 9、8、4 附田蒼和(青森商業)
青井さくら(明徳義塾) ー9、3、ー5、10、6 藤田知子(四天王寺)
坂崎愛華(正智深谷) 9、ー9、8、9 岡るる(札幌大谷)
小林りんご(桜丘) 10、7、2 佐原のどか(鎮西学院)
赤江夏星(リベルテ) 4、9、ー4、8 武山華子(横浜隼人)

由本楓羽(リベルテ) 8、ー9、9、15 本間あかり(札幌大谷)
栗山優菜(桜丘) 6、10、2 塚田桜姫(中野西)
吉松寿莉(開新) ー7、ー9、7、13、9 高橋奈未(山陽学園)
白山亜美(明徳義塾) 7、ー8、10、10 岩木仁香(横浜隼人)
山﨑唯愛(明誠) 6、8、13 首藤成美(希望が丘)
野村光(桜丘) 4、4、10 阿久根みこ(聖和学園)
矢島采愛(正智深谷) 8、5、5 平野亜子(甲府西)
大藤沙月(四天王寺) 4、5、1 佐藤野々華(新潟産大附)

●女子シングルス5回戦
横井咲桜(四天王寺) 8、3、2 高村幸佐(敬徳)
牧野里菜(遊学館) 11、8、6 東川羽菜(宇都宮文星)
青井さくら(明徳義塾) 7、4、8 坂崎愛華(正智深谷)
赤江夏星(リベルテ) ー8、8、9、5 小林りんご(桜丘)
由本楓羽(リベルテ) 8、7、6 栗山優菜(桜丘)
吉松寿莉(開新) ー8、13、8、ー9、8 白山亜美(明徳義塾)
山﨑唯愛(明誠) 5、10、8 野村光(桜丘)
大藤沙月(四天王寺) ー6、0、11、6 矢島采愛(正智深谷)

 

女子シングルスは3〜5回戦が行われ、ベスト8が決定!
明徳義塾のエースで、四天王寺の大藤・横井らとともに優勝候補のひとりだった白山が、5回戦でインターハイ初出場の吉松寿莉に敗れる波乱があった。

フォア面に粘着性ラバーを貼り、俊敏なフットワークで動きまくる吉松は、4回戦で高橋(山陽学園)を0−2からの大逆転で下して勢いに乗っていた。白山戦は最終ゲーム6ー8とリードされたところでタイムアウトを取り、ここから一気の5点連取。回転量の多いフォアドライブからのバックの速攻、機を見て出すロングサービスで白山の堅い両ハンド攻守を崩した。

白山を最終ゲーム6−8からの5点連取で下した吉松(手前)

「初めて出たインターハイでここまで来られると思っていなかったので、すごくうれしいです。何もわからない状態だったので、自分のベストを尽くして行けるところまで行きたいと思っていました。白山さんは小学生の頃から強い選手だったので、当たって砕けろという気持ちで、悔いのないインターハイにしたいと思って戦いました。足を使ってフォアで動いていくのが自分の良さ。体も大きいので、そのぶん大きく動けるのは強みだと思っています」(吉松)

吉松は最近の女子選手では珍しいフォア主戦タイプ。コート狭しと動きまくった

その他のシード勢は順当に勝ち上がる中、首藤(希望が丘)、野村(桜丘)という各校の主力選手に完勝した山﨑(明誠)の健闘も光った。「自分の強みは相手の決定打を返せるところ」と語る山﨑。上回転のラリーになると抜群に強く、堅いバックの守りからフォアスマッシュを突き刺した。準々決勝では大藤に挑戦する。

堅守とカウンターが武器の山﨑、インターハイで初のベスト8入り

関連する記事