卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

男子シングルス準々決勝の結果。徳田が吉山を追い詰めるも、あと1点に泣く

 男子シングルスは準々決勝が終了。愛工大名電は吉山僚一と鈴木颯、野田学園は三木隼と芝拓人が準決勝進んだ。

 

●男子シングルス準々決勝

吉山僚一(愛工大名電) -6,-6,10,9,5 徳田幹太(野田学園)

三木隼(野田学園) -6,12,9,-9,6 萩原啓至(愛工大名電)

鈴木颯(愛工大名電) 9,8,-7,3 中村煌和(愛工大名電)

芝拓人(野田学園) 7,3,-12,-12,9 坂井雄飛(愛工大名電)

 

 愛工大名電vs.野田学園の3試合はすべてフルゲームにもつれる接戦。吉山は徳田に2ゲームを連取され、3ゲーム目には8-10でマッチポイントを握られたが、激しい打ち合いを制して1ゲームを取り返す。4ゲーム目も9-9まで競るも、ここでフォアサイドを切る鮮やかなカウンターを決めて最終ゲームに持ち込んで逆転勝利をあげた。

激しい打ち合いを制してマッチポイントをしのいだ吉山

悔しすぎる逆転負けに徳田は天をあおぐ

 

三木と萩原は前・中陣での激しい打ち合いとなるも三木に軍配。芝vs.坂井は4ゲーム目のマッチポイントをしのいで坂井が最終ゲームに持ち込み、5ゲーム目も大量リードを奪ったが坂井にミスが目立ち始め、芝が逆転勝利をあげた。

関連する記事