卓球王国 2022年7月21日 発売 vol.304
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

大好きな兄と挑むインターハイ。埼玉チャンピオン・狩野琴春が3回戦へ

 今日からスタートした女子シングルスに、正智深谷勢を破って埼玉予選を1位で通過した狩野琴春(埼玉栄)が登場。1回戦で岡本華望(鳥取敬愛)を3-0で破ると、2回戦では杉永百々香(龍谷大平安)に3-2で勝利して明日の3回戦へ駒を進めた。杉永との試合はゲームカウント1-2でリードされる苦しい展開。それでも、冷静な試合運びで逆転勝利を収めた。

 「すっごい危なくて、1ゲーム目も3ゲーム目もリードしていたけど緊張して取られてしまった。でも最後に勝てて良かったです。去年は2回戦負けだったので、今年は3回戦まで進んで、外シードの白山さん(亜美/明徳義塾)に勝つことを目標にやってきました」

逆転で3回戦進出を決めた狩野琴春

 

 そして今日の試合、ベンチに入ったのは琴春の兄・耕助。当初はその予定ではなかったが、琴春のベンチに入る予定だった人物が体調を崩してしまい、現在は國學院大1年の耕助が急遽ベンチに入ることとなった。

 耕助のベンチでのアドバイスについて琴春について聞くと「お兄ちゃんは冷静なので、アドバイスはすごく良かった」と絶賛。一方の耕助は「ちょっと緊張で固かったと思います。フォアを狙えって言ったのに、全然打たなかった」とやや辛口コメント。それでも「最後はやり切って、勝ってくれたので良かったです」と琴春を讃えた。

勝利を決めてベンチで兄の耕助と

 

 耕助が卓球を始めたことで琴春も卓球を始め、小・中学生時代は埼玉・K&Mジュニアで腕を磨いた。ともに高校は埼玉栄に進学。幼い頃にささいな喧嘩はしたものの、それ以降はまったく喧嘩もしないという仲良し兄妹。琴春にとっては「私がお兄ちゃん大好きなんです。すごく優しい。あとはブロックがすごく堅いので、練習相手をしてくれるのもありがたいです」と語る、自慢の兄だ。

 耕助も「努力もしていると思うし、やるからには全国上位を目指して頑張ってもらいたいです。ぼくもベンチで陰ながらですけど、妹をサポートできたら」と妹の活躍に期待をかける。仲良し兄妹で挑むインターハイ、2人のタッグでどこまで勝ち上がることができるか注目だ。

関連する記事