卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

名電、野田、出雲北陵、育英がベスト4進出。男子学校対抗3回戦・準々決勝の結果

 男子ダブルス3回戦が終了後、男子学校対抗の3回戦、準々決勝が立て続けに行われ、ベスト4が出そろった。試合の結果は下記のとおり。

 

●男子学校対抗3回戦

愛工大名電(愛知) 3-0 東奥学園(青森)

希望が丘(福岡) 3-0 東山(京都)

出雲北陵(島根) 3-2 上宮(大坂)

静岡学園(静岡) 3-0 福井商業(福井)

育英(兵庫) 3-0 安田学園(東京)

長野工業(長野) 3-2 敬徳(佐賀)

遊学館(石川) 3-2 明豊(大分)

野田学園(山口) 3-0 駒大苫小牧(北海道)

 

●男子学校対抗準々決勝

愛工大名電 3-0 希望が丘

出雲北陵 3-2 静岡学園

育英 3-0 長野工業

野田学園 3-0 遊学館

 

 優勝戦線をリードする愛工大名電、野田学園は昨日の2回戦から3回戦、準々決勝とすべてストレートで勝利して準決勝進出。2回戦で第3シードの明徳義塾を破った育英は今日も勢いそのまま、安田学園に勝利して初のベスト8入り。続く準決勝でも粘る長野工業を振り切って一気に準決勝進出を果たした。

愛工大名電は準々決勝トップでルーキー・坂井が勝利

野田学園は遊学館戦で三木が単複2勝

初の表彰台を決めた育英。写真は単複でチームを引っ張る青山/髙橋

 

 最ももつれたのは出雲北陵と静岡学園の一戦。両校は選抜でも対戦し、3-2で出雲北陵に軍配。今日の試合も前半で1点ずつを奪い合い、ダブルスでは静岡学園ペアがリードするも、出雲北陵ペアが逆転勝利。しかし、4番では静岡学園の田中が見事なカット打ちで出雲北陵の王翊翔を完封しラストへ。静岡学園はブロックとカウンターが主体の1年生左腕・福光が奮闘したが、最後まで積極性を失わなかった出雲北陵・佐藤が3-1で勝利。選抜に続いての熱戦を制した出雲北陵が初のベスト4入りを決めた。

選抜に続き、ラストで静岡学園を封じた佐藤

独特のプレーで食らいついた静岡学園の福光。最後はネットインに泣いた

 

明日は学校対抗の試合は行われず、準決勝・決勝は明後日8月2日。対戦カードは愛工大名電vs.出雲北陵、育英vs.野田学園となっている。

 

関連する記事