卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

名電、薄氷を踏む勝利。学校対抗決勝はやはり野田との頂上決戦

●男子学校対抗準決勝
 〈愛工大名電 3ー2 出雲北陵〉
坂井雄飛 ー10、ー13、ー8 杉浦大和○
○吉山僚一 6、6、10 小野泰和
鈴木颯/萩原啓至 6、ー7、ー6、4、ー9 杉浦大和/佐藤卓斗○
○鈴木颯 7、ー4、6、ー7、3 王翊翔
○中村煌和 11、8、7 佐藤卓斗

 〈野田学園 3ー0 育英〉
○三木隼 7、ー10、14、ー7、4 青山貴洋
○飯村悠太 4、6、7 山下慧
○徳田幹太/木方圭介 6、ー8、8、5 青山貴洋/高橋慶太

男子学校対抗準決勝が終了、決勝に勝ち上がったのは6連覇を目指す愛工大名電と、初優勝を狙う野田学園!

苦戦を強いられたのは愛工大名電だった。2台進行の1・2番、エース吉山はストレート勝ちを収めたが、1年生の左腕・坂井が杉浦の粘り強いプレーに押し切られ、予想外のストレート負け。

さらに昨日、男子ダブルスでチャンピオンペアになった鈴木/萩原が、男子ダブルス準決勝でも接戦を展開した杉浦/佐藤にリベンジを喫す。杉浦/佐藤は弧線の高いフォアドライブをうまく使って鈴木/萩原のミスを誘った。さらに最終ゲームの10ー7から10ー9まで追い上げられた場面では、タイムアウト後に杉浦が巻き込みサービスで会心のサービスエースを奪った。

名電ペアに男子ダブルス準決勝のリベンジを果たした杉浦(左)/佐藤

苦しくなった名電だが、2台進行の4・5番では、まず5番の左腕・中村が強心臓ぶりを発揮し、テクニシャン・佐藤を完封。4番鈴木は王の猛烈な反撃に苦しみ、勝負を焦って打ちミスが続く場面もあったが、最終ゲーム0−2のビハインドから一気にリードを広げ、王者の貫禄を見せた。

1ゲーム目にゲームポイントを奪われながらも逆転し、ストレート勝ちを収めた中村

4番鈴木が勝利した瞬間。ゲームオールの苦しい、苦しい勝利だった

一方、野田学園は育英の勢いを正面からがっちり受け止めた。2台進行の前半で、シングルスは4回戦で敗れた2番飯村が近畿チャンピオンの山下に快勝して流れを作り、1番三木も要所で一撃必殺のバックドライブが冴えた。3番ダブルスは、木方にややミスが多かったものの、徳田がキレのあるチキータとカウンターを連発し、下がっても粘り強い育英ペアを下した。

育英戦2番でストレート勝ちを収めた飯村

育英の青山(右)/高橋は1ゲームを奪うも、勝利ならず

さあ、いよいよ頂上決戦。勝って兜の緒を締めた名電か、戦力充実の野田学園か。まもなく男子学校対抗決勝がスタートだ。

関連する記事