卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

ダブルス準決勝進出ペアが出揃う。出雲北陵は学校対抗に続くメダルが確定

 男子ダブルスは準々決勝までが終了し、ベスト4が決定。準々決勝の結果は下記のとおり。

 

●男子ダブルス準々決勝

鈴木颯/萩原啓至(愛工大名電) 3-0 芝拓人/岩井田雄斗(野田学園)

杉浦大和/佐藤卓斗(出雲北陵) 3-0 加藤公輝/横部叶愛(明徳義塾)

徳田幹太/木方圭介(野田学園) 3-1 丹羽良/渡邊康靖(愛工大名電)

吉山僚一/中村煌和(愛工大名電) 3-1 木塚陽斗/岡田空(明豊)

 

 愛工大名電からは2ペアが準決勝進出。野田学園の徳田/木方は丹羽/渡邊にゲームカウント1-1、8-10でゲームポイントを握られながらも逆転で3ゲーム目を奪うと、4ゲーム目も押し切ってベスト4入りを決めている。出雲北陵の杉浦/佐藤は昨日の学校対抗に続いてメダル獲得を決めた。

鈴木颯/萩原啓至

 

杉浦大和/佐藤卓斗

 

徳田幹太/木方圭介

 

吉山僚一/中村煌和

関連する記事