卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

やはり今年も四天王寺。女子学校対抗9連覇の偉業成る!

●女子学校対抗決勝
 〈四天王寺 3ー0 明徳義塾〉
○大藤沙月 8、ー7、5、8 上澤依央
○伊藤詩菜 9、ー9、7、9 青井さくら
○大藤沙月/横井咲桜 5、6、7 青井さくら/白山亜美
横井咲桜 ー 上澤茉央
面田采己 ー 白山亜美

女子学校対抗優勝は四天王寺、男女を通じて学校対抗の連続優勝新記録となる、9連覇を達成!

トップに満を持して大藤を起用した四天王寺に対し、明徳は準決勝ラストでチームを救う白星を挙げた上澤(依)を起用。上澤はバック表ソフトのブロックとカウンター、打球点の早いスマッシュで大藤から1ゲームを奪い、苦しめたが、変化のあるボールも両ハンドドライブで何本でも返してくる大藤に最後の一本でミスが出た。

準決勝ラストに続く勝利を狙った上澤(依)、大藤に迫るも及ばず

2番は左腕の伊藤と青井の対戦。準決勝で小林のカットを打ちあぐみ、ゲームオールで敗れた伊藤。青井戦でも台上に浮いたボールに対するスマッシュミスが目立ち、2ゲーム目を落として接戦のムードが漂ったが、伊藤はミスが出ても粘り強く両ハンドで攻め続け、殊勲の勝利。午前中にシングルス3試合を戦い、これが今日6試合目となる青井はさすがに疲労の色が見えた。

2番伊藤、準決勝の雪辱を果たす勝利を挙げる

この2番を四天王寺が取った時点で、勝敗はほぼ決したか。3番ダブルス、明徳はラリー戦に強い青井/白山が必死で食い下がるも、見ごたえあるラリー戦を展開するも、高い打球点で何本でも攻めてくる大藤/横井に押し切られた。

9連覇を決め、安堵の表情がのぞいた大藤/横井

チームの優勝を決め、歓喜というよりも安堵の表情を見せた大藤/横井。2013年の北九州インターハイからスタートした連続優勝記録は、まだ途切れる気配を見せない。明日の女子シングルスで、前回大会に続くタイトル独占となるか?

両手で「9」のサイン、やはり今年も四天王寺は強かった

関連する記事