卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

メイデンの夏! 男子学校対抗で愛工大名電が6連覇を達成!!

●男子学校対抗決勝
 〈愛工大名電 3ー1 野田学園〉
坂井雄飛 ー10、ー7、ー7 徳田幹太○
○吉山僚一 4、7、8 芝拓人
○鈴木颯/萩原啓至 11、6、9 徳田幹太/木方圭介
○鈴木颯 6、8、ー9、9 三木隼
中村煌和 ー 飯村悠太

男子学校対抗優勝は愛工大名電、6連覇を達成!

野田学園は1番徳田、愛工大名電は2番吉山とエース格が1点ずつ取り合い、勝負の大きな分かれ目はダブルスだった。名電ペアが大逆転勝ちした、昨日の男子ダブルス決勝の再戦。

男子学校対抗の決勝トップで坂井を下した徳田

バックハンドでもフォアハンドに劣らない剛球を繰り出す吉山、芝の堅いブロックを打破

「男子ダブルス決勝では、木方のチキータ封じに長く切れたサービスを出され、下から持ち上げられたところを狙われたので、木方にはそれをフォアで狙っていくこと。徳田の場合はサイドを切って少し出るサービスを、レシーブで持ち上げたところをやはり狙われていたので、ツッツキで返すことなど、対策や準備はしっかりしていました」(野田学園・橋津監督)。

「レシーバー有利」と言われるダブルスだが、この決勝3番のダブルスではお互いにレシーバーのミスが多く、両ペアの「先手を取りたい」という思いが透けて見えた。中盤で6ー4とリードした1ゲーム目を先取したかった徳田/木方だが、ここを11ー13で落とすと、2ゲーム目以降は木方にレシーブのミスが多くなった。フットワークを生かし、前陣だけでなく中・後陣に下がっても両ハンドでプレーできる萩原と、前陣のバックハンドを封じられると厳しい木方。両ペアのサウスポーのプレー領域、技術力の差が出たか。

3番ダブルスは名電ペアが圧巻のストレート勝ち!

2台進行の4・5番はともに出足から名電ペース。回転量の多いサービスで三木を翻弄した鈴木と、自信満々の攻守で飯村を呑んでかかった中村。先に5番の中村が勝利し、名電の優勝が決定。4番では三木が1ゲームを返し、大きくリードされた4ゲーム目も鈴木の3球目パワードライブを鮮やかにブロックするなど、意地を見せたが、最後は11ー9。愛工大名電の総合力が、野田学園の爆発力を上回った。

メイデンの「お祭り男」、中村煌和が攻守に躍動した

気迫あふれるプレーで、三木に主導権を渡さなかった鈴木

全日本ジュニア3位の三木、チームの勝敗が決した後も、最後まで全力で戦った

「ダブルスでもっともつれて、流れをつかむところまで持ち込みたかった。それができなかったのが全体を見ての敗因だと思います。うちは勢いに乗っていくしかなかったけど、勢いが出せなかった。今大会は声を出して戦えないし、見えない流れをつかむための声出しやパフォーマンスが制限されていた部分もありますが、技術・経験・実績など、総合力として名電さんのほうが上だなと今回も感じました」(橋津監督)

盛大な拍手を送った観客席の名電応援団に手を振るメンバー

関連する記事