卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

いよいよ幕開け、愛媛インターハイ。男子開会式が行われ、明日から競技スタート

愛媛県・宇和島市にて11日間の日程で開催されるインターハイ卓球競技。先ほど、会場の宇和島市総合体育館にて男子の開会式が行われ、明日から男子の競技がスタートする。

 

新型コロナウイルスが流行する前は、開会式で地元の高校生によるパフォーマンスなどが行われていたが、昨年より簡素化。選手宣誓の大役は開催地である愛媛代表の松山北・黒岩裕貴主将。ハツラツと、大きな声で全力プレーを誓った。松山北は明日から始まる学校対抗2回戦からの登場。敬徳と米子松蔭の勝者と対戦する。また、愛媛第二代表の松山商業は1回戦で強豪・実践学園と戦うこととなっている。

立派に選手宣誓を務めあげた松山北・黒岩主将

 

開会式後には学校対抗連続・通算出場に関する表彰も行われ、愛工大名電と東山が通算70回目、れいめいが通算20回目の出場となり、3校を代表して愛工大名電・今枝一郎監督が賞状と盾を受け取った。今大会も優勝に一番近い位置にいる愛工大名電だが、節目の大会で新たな栄光の歴史を刻むことができるか。明日は学校対抗1・2回戦が行われ、ベスト16が出揃う。

愛工大名電は70回目の学校対抗出場で6連覇なるか。写真は表彰状を受け取る今枝監督

関連する記事