卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

「弱気にはなるまい」。ガンガン攻めた天理ペア、最初で最後のインターハイで笑顔の1勝

男子ダブルス1回戦、地元・愛媛代表の松本智成/島田光(松山北)を破って勝利を収めたのは、奈良県代表の赤瀨陽介/鴻田真陽(天理)。攻撃の威力では松山北ペアにやや分があったが、赤瀨/鴻田はレシーブからチキータで積極的に攻めるなど、迷いのない積極的なプレーを見せた。

天理高3年の赤瀨/鴻田は、今大会がインターハイ初出場。出場権を得たのはダブルスのみで、しかも奈良県予選では決勝リーグで三つ巴になり、僅差で通過してつかんだ代表切符だった。

「最初で最後」の大舞台で勝利をつかみ、「この舞台に来られただけでもうれしくて、さらにそこで1勝できたのは本当にうれしかった。チキって(弱気になって)負けることだけはしないでおこうと思って、吹っ切れてプレーできました」と笑顔で語った赤瀨。鴻田は「県予選で戦ったみんなのためにも、大会で1勝できて良かったです」と語った。

レシーブからチキータを交えて積極的に攻めた赤瀨(左)/鴻田

2回戦の相手は男子ダブルスの第2シード、吉山僚一/中村煌和(愛工大名電高)。出足から思い切ったレシーブを見せ、1ゲーム目の序盤は競り合った天理ペアだが、次第にスコアを離されていく。初戦から高い集中力をキープして戦い抜いた名電ペアが3−0で勝利した。

最後まで集中力の高いプレーを見せた吉山(右)/中村(愛工大名電高)

名電ペアのプレーについてふたりに感想を尋ねると、こんな答えが返ってきた。「めちゃくちゃ速い球が来るのかと想像していたけど、サービスの低さや回転量がすごかった」(鴻田)。「サービスの回転量、長短やコースも1本ごとに細かく変えてきて、上のレベルの人たちは考えているところが違うんだなと感じました」(赤瀨)。イメージとは違った、高校トップレベルのプレー。その凄みを感じ取ることができたふたりも、立派なインターハイプレーヤーだ。

2回戦後のベンチで試合を振り返る天理ペア

「楽しもう」と言い合ってつかんだ忘れられない1勝と、忘れられない1敗。フロアに紫の爽やかな風が吹いた。

 

関連する記事