卓球王国 2022年7月21日 発売 vol.304
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インターハイ2022

女子ダブルス準決勝までが終了。決勝は大藤沙月/横井咲桜vs.小林りんご/野村光

 女子ダブルスは準決勝までが終了。2連覇を目指す大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)と小林りんご/野村光(桜丘)が決勝に進んだ。準々決勝・準決勝の結果は下記のとおり。

 

●女子ダブルス準々決勝

大藤沙月/横井咲桜(四天王寺) 7、3、4 佐藤清乃/阿久根みこ(聖和学園)

青井さくら/白山亜美(明徳義塾) 8、3、11 牧野里菜/竹内伶(遊学館)

小林りんご/野村光(桜丘) 5、-8、8、-8、9 東川陽菜/工藤真桜(進徳女子)

山﨑唯愛/直江杏(明誠) -3、8、6、-8、8 谷口果帆梨/田原留奈(希望が丘)

●女子ダブルス準決勝

大藤沙月/横井咲桜 9、8、3 青井さくら/白山亜美

小林りんご/野村光 7、-8、7、6 山﨑唯愛/直江杏

 

 大藤/横井は準決勝でも完勝。青井/白山も積極的にレシーブからフォアフリックで仕掛けるも大藤/横井は崩れず。厳しいコースへのボールにもしっかりと食らいつき、次の1球はさらに質の高いボールを打ち込んで得点。改めて強さを見せつけている。

大藤沙月/横井咲桜

青井さくら/白山亜美

 

 小林/野村はゲームカウント1-1から野村がスマッシュを次々に叩き込み、小林も積極的な攻撃を見せて3、4ゲームを連取。山﨑/直江は昨年に続く3位入賞も、小林/野村の攻守自在のプレーに流れをつかめなかった。

小林りんご/野村光

山﨑唯愛/直江杏

関連する記事