卓球王国 2024年5月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2023

今、開花の時。早田ひな、準決勝で孫穎莎に敗れるも堂々の銅メダル

●女子シングルス準決勝
孫穎莎(中国) 4、5、8、−5、8 早田ひな

女子シングルス準決勝、早田ひなは孫穎莎から4ゲーム目を奪うも、1−4で敗れて銅メダルが確定。日本選手団のダーバン大会での戦いが終わりを告げた。

1ゲーム目のラブオールから、孫穎莎が早田のフォアへ回り込みドライブ、そしてサイドを切るバックドライブで得点し、強烈な印象を残したこの試合。孫穎莎は早田が昨日対戦した王芸迪に比べ、左右に振られて体勢を崩した時のリカバリー、後ろに下げられてからの前へのリカバリーが抜群に早い。

柔軟かつ強靭な孫穎莎の身のこなしは、まさにゴムまりのよう

早田が孫穎莎のバック半面にボールを集めながら、緩急やストレートへの攻めを混ぜて崩しても、次球が少しでもあまく入ると孫穎莎はすぐにラリーの主導権を取り返してくる。早田にとっては我慢の時間帯が続いた。

逆襲に転じたのは4ゲーム目。「孫穎莎選手に対応できる感覚をつかみかけた」という早田が、孫穎莎をバック半面に詰めながらフォアストレートへの攻めを見せるなど、3−1、6−2、10−4と一気にリードを広げた。

4ゲーム目のプレーは完璧だった早田、孫穎莎から1ゲームを奪い返す

そして早田が試合後のミックスゾーンで、「勝負の分かれ目だった」と語ったのは、5ゲーム目の8−9の場面。孫穎莎のフォアへ思い切ってチキータでレシーブした早田だが、孫穎莎の狙いすましたフォアのカウンタードライブが目にも留まらぬ速さでクロスに決まる。最後は孫穎莎の打球点を落としたレシーブドライブに、早田のブロックがミスとなり、勝敗は決した。

思い切ったフォアへの返球を孫穎莎に読まれた早田。しかし、勝負をかけた

観客席から大声援を送っていた孫穎莎の女性ファンたち

「5ゲーム目の8−9では、それまでずっとバック半面にボールを集めて揺さぶっていて、最初にフォアに持っていった時は得点できて、2回目は逆に打たれた。そこで3回目に『ここで勝負をかけよう』とフォアにいったんですけど、それを見逃さないのが孫穎莎選手の強さだなと感じました。

でも本当にその1本の勝負になってきているし、それが決め切れるかという勝負になってきている。1本の重みをすごく感じました。今日の試合は結構対応に時間がかかってしまった。対応が遅かったというより、孫穎莎選手のコース取りのうまさ、長短や緩急というのは相手に慣れさせないうまさかなと思います。

孫穎莎選手は中国選手の中でも断トツに強いイメージがあって、パワーもありますし、今日試合をして改めて感じたのは本当にスキがない。でもそのスキを見つける楽しさも今日はあった。今までの対戦ではとりあえずできることを思い切ってやるだけだったのが、今回はちゃんと勝負しにいっている、同じ土俵に立って自分の実力を出そうとしているという感覚があった。だからこれからだな、と思います」(早田)

敗戦後のベンチで、石田大輔コーチとタッチした後、悔しさで天を仰いだ

銅メダル獲得の感想について、「負けてしまったら結局は何もない。輝く人は優勝者ひとりだけで、そこに行けなかった悔しさのほうが大きい」と語った早田。しかし、孫穎莎と世界選手権のメインコートで演じた堂々のラリー戦は、昨日の王芸迪戦に負けず劣らず、彼女の持つ潜在能力の高さを感じさせてくれた。

早田ひなの卓球は今、まさに開花の時を迎えている。苦難の時期が長かった分だけ、張った根っこは深くて強い。

試合後のミックスゾーンでは、感極まる場面もあった早田。世界卓球での戦いが終わった

関連する記事