卓球王国 2024年3月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2023

モーレゴード、O.アサールによもやの逆転負け。ドイツ勢も相次いで敗戦

●男子シングルス3回戦
樊振東(中国) −8、7、5、9、6 黃鎮廷(香港)
王楚欽(中国) 9、11、−4、1、3 宇田幸矢
ジェラルド(ポルトガル) −4、7、15、8、−10、−7、6 フランチスカ(ドイツ)
O.アサール(エジプト) 6、−3、−4、9、7、9 モーレゴード(スウェーデン)
馬龍(中国) 4、1、6、−12、1 K.カールソン(スウェーデン)
林昀儒(チャイニーズタイペイ) 11、5、6、8 フィルス(ドイツ)
リンド(デンマーク) 10、5、−10、5、9 No.アラミヤン(イラン)
林高遠(中国) 7、7、6、3 李尚洙(韓国)

男子シングルス3回戦、前回2位のスウェーデンのファンタジスタ、モーレゴードがエジプトのO.アサールにまさかの敗戦……!

1回戦でミノ(エクアドル)に敗戦の瀬戸際まで追い詰められたO.アサール。そこから這い上がってきたエジプトの英雄は、その巨躯を生かした中・後陣からの両ハンドで、モーレゴードの創造性をも呑み込んだ。

1回戦の大ピンチをしのいだO.アサールが、3回戦で番狂わせを起こした

フォアハンドのカウンターの精度やパワードライブの威力など、2年前より確実にスケールアップしていたモーレゴードだが、ゲームカウント2−1とリードしたところで、汗っかきのO.アサールが着替えのために退場。ベンチでややいら立った表情を見せていたモーレゴード、ここからやや集中力が落ちた感あり。試合が行われたのはサブアリーナのテーブル3。メインコートに立つ前に姿を消したのは残念だ。

モーレゴード、中国選手との対戦が見てみたかった

その他の試合では、フランチスカとフィルスというドイツ勢が相次いで敗退。フランチスカは左腕のジェラルドの思い切りの良いフォアカウンター、後陣からのバックドライブの反撃に合い、ゲームカウント1−3から最終ゲームまで持ち込むも及ばず。

ジェラルド、3回戦でフランチスカを下してベスト16進出

フランチスカはジェラルドの勢いにのまれた

カットのフィルスは今大会のダークホース的存在だったが、林昀儒の回転を見極めたドライブとストップ、カウンターの前に沈黙。大量リードを許してから逆転して10−8とゲームポイントを握った1ゲーム目を先取したかったが、林昀儒が切れた下回転サービスで2本連続エースを奪い、主導権を譲らなかった。

前腕を傷めている林昀儒だが、その丁寧な球さばきは断然光る

カットのフィルス、威力ある攻撃も林昀儒のブロックにつかまった

★世界卓球2023 現地リポート特設ページはこちら

関連する記事