卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2023

みまひな、ともにストレート勝ちで8強。明日はいよいよ中国と決戦だ

●女子シングルス4回戦
伊藤美誠 8、9、12、10 A.ディアス(プエルトリコ)
早田ひな 5、9、6、8 徐孝元(韓国)

女子シングルス4回戦、伊藤美誠と早田ひなは揃ってストレート勝ちを収め、ベスト8進出!

女子ダブルス準々決勝では中国ペアに敗れた「みまひな」だが、シングルスでは要所をしっかり締めた。

伊藤はA.ディアスの懐の深いブロック、後陣でのロビングに何本もスマッシュを打たされる展開になったが、「女子の中ではロビングが一番うまい選手だし、後ろから打ち返されてナイスボールが何本か入ってもしょうがない」と割り切ってコートに入っていた。試合前には中陣での粘り強さに定評のある男子の及川瑞基と練習を行い、ディアス対策に余念がなかった。

A.ディアスの粘りに対して、ミスなくスマッシュを連打した伊藤

「及川選手とはロビング打ちもやらせてもらって、『一戦終えた気分です』と話していたら、『三戦やった気分だわ』と言われました。そこから試合でまた打ちまくって、疲れました(笑)」(伊藤)

日本の大阪に練習拠点を置き、邱建新コーチの指導を受けるA.ディアス。3回戦ではバック粒高のバトラ(インド)に競り勝ち、伊藤戦でもロビングからミート打ちまで多彩な球さばきを見せたが、スマッシュの連打をしのぎ切れなかった。

ロビングで会場を沸かせたA.ディアス。さらに成長して女子卓球界をリードしてほしい存在だ

伊藤に続いて2コートに出陣した早田は、カットの徐孝元に対して序盤は威力あるパワードライブ、そして終盤はドライブからのスマッシュで得点を重ねた。

今日のダーバンは気温が高く、湿度も次第に上昇。常に湿度計を持ち歩いている早田は、4ゲーム目からボールの飛びが悪くなっているのを感じ、パワードライブでの攻めから、回転の揃ったドライブを徐孝元のバックの粒高面に集め、スマッシュで狙い打つ戦術に変更。見事なストレート勝ちを収めた。体力の消耗を防ぐうえでも、4−0で勝てたのは大きな意味を持つ。

ドライブからのスマッシュが正確だった早田。徐孝元につけいるスキを与えず

36歳になった徐孝元。ひざに故障を抱えながらも攻守に奮闘した

徐孝元のベンチに入った、韓国女子チームの呉光憲監督。元日本女子JNT監督で、南アフリカで行われた16年世界ジュニアで早田や伊藤、平野が女子団体優勝を果たした時の優勝監督だ

明日は伊藤が陳夢、早田が王芸迪と対戦する。「惜しい試合は何試合かあるけど、一度も勝ったことがない」という陳夢に挑む伊藤は、「たぶん2019年以来くらいの対戦で、やっと対戦できる日が来たかという感じです。じっくり楽しみながら、思い切ってやれたらいい」とコメント。一方の早田は、「王芸迪選手はダブルスのプレーを見てもかなり仕上がっている。自分がやってきたことを全部出して、全力を尽くしたい」と語った。

今日はハードな3試合を戦い抜いた早田。疲労はあるはずだが、充実感をにじませていた

関連する記事