卓球王国 2024年3月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2023

アルナ散るも、ナイジェリアの後輩が金星。ルブラン兄弟は奮闘及ばず

●男子シングルス2回戦
ロブレス(スペイン) −8、−9、8、3、9、−3、8 アルナ(ナイジェリア)
マティ(ナイジェリア) −7、14、−5、9、−8、8、6 林兆恒(香港)
No.アラミヤン(イラン) 5、8、−8、13、−3、−4、9 グルーツ(デンマーク)

男子シングルス2回戦、地元アフリカ勢で世界選手権初の男子シングルスのメダルが期待されたアルナは、2回戦でロブレスに敗れた。

ラリーになればフォアの一撃パワードライブを放つアルナが有利だったが、左腕のロブレスにフォア前にサービスを集められ、レシーブが安定せず。台からやや距離を取ったところに、長短の変化のあるループドライブを打たれ、カウンターにミスが出た。観客の声援を一身に集めたアルナだが、無念の敗戦。試合後、ボールボーイの子どもたちに囲まれ、ひとりずつ背中にサインをする姿が印象的だった。

フォアドライブの威力はやはりすさまじかったアルナ

試合巧者のロブレス(奥)にうまく緩急をつけられた

しかし、同じナイジェリア勢で金星を挙げたのが左腕のマティ。もう少し年上かと思っていたが、プロフィールでは年齢は18歳になったばかり。日本では高校3年生だ。

20代半ばくらいかと思っていたマティは18歳だった。失礼しました

長身でフォアのパワードライブに威力があり、下がっても粘り強い林兆恒に対し、左腕から豪快なフォアドライブを連発したマティ。さらに、ミート系の打法が中心の先輩・アルナに対し、マティは前陣でのバックカウンターやブロックも使える。常にゲームを先行される、苦しい試合展開ながら、最後まで粘り強く打ち切った。

マティ、世界卓球のシングルスでベスト32進出は立派だ

こちらも左腕のNo.アラミヤンが、グルーツとの左腕対決をゲームオール11−9で制した一戦も特筆すべきだろう。
得意のフォアハンドが「イップス」に襲われ、今ではカット性のブロックや一か八かの強打など、フォアでやれることは限られているアラミヤン。それをカバーするサービス・レシーブからのバックの連続攻撃のシステムを作り上げた努力に敬意を表したい。

フォアハンドは必死に相手コートへボールを運び、バックの反撃の機会をうかがうNo.アラミヤン

勝利の直後、人差し指で天を指し示した

 

●男子ダブルス3回戦
樊振東/王楚欽(中国) 7、5、−8、−9、7 A.ルブラン/F.ルブラン(フランス)

男子ダブルス3回戦(ベスト8決定)で最大の注目カードは、ルブラン兄弟が0−2のビハインドから堂々のラリー戦で最終ゲームまで持ち込み、フロアの選手・コーチから観客まで、あらゆる人の目を釘付けにした。

中国ペアは樊振東はつなぎに徹し、王楚欽が得意のサービス、チキータにカウンターとひとりで打ちまくった。惜しくも敗れ、試合後に感情を爆発させたルブラン兄弟だが、シングルスでの上位進出に期待したい。

弟のフェリックス(左)の体格が良くなり、よりソックリになってきたルブラン兄弟

劣勢をはね返し、樊振東/王楚欽(奥)をあと一歩まで追い詰めた。将来は世界の頂点も狙えるペアだ

★世界卓球2023 現地リポート特設サイトはこちら

関連する記事