卓球王国 2024年6月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
世界卓球2023

男子ダブルスのドローが決定。戸上/宇田は決勝まで中国ペアと当たらず。張本/吉村は初戦で中国ペアと対戦

2023年 世界卓球選手権ダーバン大会(個人戦)」の男女ダブルスのドローが決定した。

男子ダブルスには日本からは前回3位の戸上隼輔/宇田幸矢、張本智和/吉村真晴の2ペアが出場。第3シードの戸上/宇田は、3回戦でオフチャロフ/フランチスカ(ドイツ)と当たる可能性があるが、そこを勝てばメダルがかかる準々決勝はそれほど恐いペアはいない。準決勝では張禹珍/林鐘勲(韓国)とチウ・ダン/ドゥダ(ドイツ)の勝者と対戦になりそうだ。

 

日本は男子ダブルスでは3位は多いが、長く準決勝の壁を破ることができていない。戸上/宇田に期待がかかる

 

一方の張本/吉村は初戦で林高遠/林詩棟(中国)と対戦。篠塚大登の棄権により急きょ組むことになったペアだが、吉村は世界選手権では丹羽孝希と組んだ男子ダブルスで銅メダル、石川佳純と組んだ混合ダブルスで金メダルを獲得するなどダブルスの名手。張本のチキータと両ハンドドライブがうまく噛み合えば中国ペアに勝つ力はある。しかし、勝ち上がってもきついドローで、メダル決定戦の準々決勝では第1シードの樊振東/王楚欽(中国)と当たる可能性が高い。

 

前回大会で敗れた樊振東/王楚欽。今大会では優勝が絶対条件になる

 

男子ダブルス日本代表
戸上隼輔(明治大)/宇田幸矢(明治大)

張本智和(智和企画)/吉村真晴(TEAM MAHARU

 

 

提供=ITTF

関連する記事