卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

ジュニア男子で8強決定。無傷の輝空、3戦連続のストレート勝ち

●ジュニア男子5回戦(ベスト8決定戦)
鈴木颯(愛工大名電高) -8、8、9、6 梅村友樹(明徳義塾中・高)
岩井田雄斗(野田学園高) -7、-8、5、9、7 青山貴洋(育英高)
飯村悠太(野田学園高) 7、10、7 薜大斗(遊学館ジュニア)
吉山僚一(愛工大名電高) 9、11、6 吉山和希(愛工大名電中)
三木隼(野田学園高) 9、9、-5、7 石山浩貴(上宮学園中)
坂井雄飛(愛工大名電中) -7、9、-9、9、7 萩原啓至(愛工大名電高)
徳田幹太(野田学園高) 8、9、-7、8 谷本拓海(兵庫中)
松島輝空(星槎中) 9、8、9 芝拓人(野田学園高)

ジュニア男子5回戦、第2シードの松島輝空はこのラウンドもストレート勝ち。終盤の競り合いでも、正確な両ハンドで確実にラリー戦をものにしていった。得意のバックハンドの精度はそのままに、「ボールの質を少しずつ高めることを意識してきた」というフォアドライブも昨年より威力を増している。準々決勝は野田学園の徳田と対戦する。

より力強さを増し、頂点へ突き進む松島

松島と準々決勝で対戦する野田学園の徳田。シャープな両ハンドで勝ち進む

一昨年のジュニアチャンピオン、吉山僚一は弟・和希との兄弟対決にストレートで勝利。第1シードの鈴木颯も梅村を逆転で下した。一方、野田学園高からは岩井田、飯村、三木、徳田と4人がベスト8入りの快挙。平成30年度大会の戸上隼輔以来、野田学園から3大会ぶりのチャンピオン誕生となるか?

吉山兄弟対決は、兄・僚一(右)に凱歌

関連する記事