卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

4連覇成る! 女子ダブルス優勝は伊藤美誠/早田ひな!

●女子ダブルス決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 10、ー7、12、5 宋恵佳/成本綾海(中国電力)

女子ダブルス優勝は伊藤美誠/早田ひな、ダブルス種目が中止となった昨年度大会を挟んで、4連覇達成!

決勝で対戦した宋/成本ペアは強かった。宋のフォアフリックと成本のバックハンドの変化で、1ゲーム目は10ー5のゲームポイント。しかし、伊藤/早田はあわてることなく1本1本打ち切って得点を積み重ね、7本連取で逆転。中国電力ペアとしては、早い段階でタイムアウトを取り、確実に1ゲーム目を取りにいきたい場面だった。

2ゲーム目は宋/成本が奪い、3ゲーム目は伊藤/早田の8ー4のリードから、8ー9と宋/成本が逆転。ジュースに入ってから宋/成本が11ー10、12ー11と2回のゲームポイントを奪うも、ここも伊藤/早田がしのぎ切った。4ゲーム目は出足で4ー1と伊藤/早田が突き放し、10ー5でチャンピオンシップポイント。最後は成本のフォアドライブがコートをオーバーし、決着がついた。

伊藤/早田、苦しい場面でも自信に満ちたプレーを見せた

4連覇達成の瞬間、笑顔でハイタッチ!

相手に先行を許しながら、がっちり受け止めて寄り切る、まさに「横綱相撲」を見せた伊藤/早田。試合後、宋は「早田さんのフォアドライブを封じたかったので、全面にストップしていく作戦だった。伊藤選手も早田選手も、これまで対戦したペアに比べてドライブの質が数段高かったけど、日本リーグのペアでも勝負できるところを見せられた」と語った。

 

巧みなレシーブから、フォアの強打を打ち込んだ宋/成本。敗れたとはいえ、健闘が大いに光る内容だった

関連する記事