卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

ジュニア女子、張本美和が平野亜子を破り8強。木原、赤江も勝ち進む

●ジュニア女子5回戦(ベスト8決定戦)
由本楓羽(香ヶ丘リベルテ高) 6、9、-12、8 長部心奈(正智深谷高)
青井さくら(明徳義塾中・高) 5、4、4 青木咲智(ミキハウスJSC)
張本美和(木下アカデミー) 3、9、8 平野亜子(甲府西高)
赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高) 7、6、4 篠原夢空(貝塚第二中)
面手凛(山陽学園中) 6、8、6 伊藤詩菜(ミキハウスJSC)
原芽衣(四天王寺高) 6、8、-9、5 野村光(桜丘高)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 7、5、9 矢島采愛(正智深谷高)
首藤成美(希望が丘高) -9、7、-8、6、4 竹谷美涼(貝塚第二中)

ジュニア女子5回戦が終わり、優勝候補の木原、赤江などは順当に準々決勝へ駒を進めた。

注目を集めたのは張本智和(木下グループ)の妹、中学1年の張本美和(木下アカデミー)と平野美宇(日本生命)の妹、平野亜子(甲府西高)の対戦。張本は平野のバック面の粒高を苦にせず、効果的に平野のフォアを突いてストレートで下し、8強進出を決めた。

正確なフットワークと打球の精度は、とても中学1年生とは思えない張本美和

平野亜子、敗れたとはいえジュニアベスト16は立派な成績だ

●平野亜子・試合後のコメント
「5回戦までいけたことに自分の中では満足しています。5年間、全国大会で勝てなかった。
自分の練習してきたことは発揮できました。張本さんはサービスも良くて、技術もすごくうまかったし、圧倒的に強いと思います。姉(美宇)には頑張ってと言われました。(大好きな)チョコレートケーキも買ってくれました(笑)。

ふだんサービス練習でも的を置いて、連続して当てるとか、緊張感を持ってやってきました。今回、5回戦まで進めたことに関して、練習していただいた方々、コーチ、父や姉にも感謝しています。次は東京選手権でもベスト8まで行くことが目標です」

パワフルな攻撃でストレート勝ちを重ねる赤江夏星

ウェアもラバーもブルーの青井さくら。実力もさることながら、カラーコーディネートも完璧

関連する記事