卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

ダブルスベスト4が出揃う。男女ダブルス準々決勝全結果

●男子ダブルス準々決勝
張本智和/森薗政崇(木下グループ/BOBSON) -8、2、-8、6、8 後藤卓也/渡辺裕介(協和キリン)
大島祐哉/田添健汰(木下グループ) 4、-10、5、-10、7 上田仁/神巧也(T.T彩たま)
藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ) 8、-5、7、9 笠原弘光/酒井明日翔(シチズン時計)
宇田幸矢/戸上隼輔(明治大) 5、-5、-9、9、2 中村煌和/萩原啓至(愛工大名電高)

●女子ダブルス準々決勝
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) 6、4、2 佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)
永尾尭子/南波侑里香(サンリツ/日本ペイントマレッツ) 11、5、8 野村萌/森田彩音(デンソー)
石川佳純/平野美宇(全農/日本生命) -4、6、-8、7、3 長崎美柚/木原美悠(日本生命/JOCエリートアカデミー/星槎)
宋恵佳/成本綾海(中国電力) 5、9、-8、-8、6 芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/四天王寺高)

男女ダブルス準々決勝が行われ、ベスト4ペアが決定した。
初優勝を狙う張本/森薗は、協和キリンペアと最終ゲームにもつれる大接戦となるも、辛くも勝利。世界選手権銅メダルの宇田/戸上も、高校生ペアに競り勝った。

女子ダブルスは、3連覇中の伊藤/早田が佐藤/橋本のカットを打ち抜きストレート勝利。また石川/平野も、若手ペアの長崎/木原を退け、準決勝へ。一方、女子ダブルスで2年連続準優勝の芝田/大藤は、宋恵佳/成本綾海(中国電力/写真)に敗れて表彰台を逃した。

関連する記事