卓球王国 2022年7月21日 発売 vol.304
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

大会最終日、天皇杯&皇后杯を胸に抱くのは誰?

★大会7日目(最終日)・1月30日のタイムテーブル

10:30〜
●女子シングルス準決勝
加藤美優(日本ペイントマレッツ) vs. 早田ひな(日本生命)
※木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) vs. 伊藤美誠(スターツ)は木原が棄権

11:30〜
●男子シングルス準決勝
丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス) vs. 戸上隼輔(明治大)
松平健太(ファースト) vs. 吉村真晴(愛知ダイハツ)

14:00〜
●女子シングルス決勝

15:00〜
●男子シングルス決勝

いよいよ2022全日本卓球選手権(一般・ジュニア)も大会7日目。昨日の男女ダブルス準決勝でも棄権が相次ぎ、最終日の朝にも木原美悠の棄権が発表されるなど、新型コロナウイルス感染症に翻弄された今大会も最終日を迎えた。

今日は10時30分から女子シングルス準決勝の1試合、11時30分から男子シングルス準決勝の2試合が行われ、両種目のファイナリストが決定する。一昨日の5・6回戦では優勝候補が敗れる波乱が続出したが、準決勝に勝ち残った顔ぶれを見ると、いずれ劣らぬ実力者揃い。運や勢いだけでは全日本は勝ち上がれないと改めて感じる。

今大会の優勝者には、4月に開催予定の世界選手権団体戦(中国・成都)の出場権が与えられる。現時点で代表権を獲得しているのは、東京五輪シングルス銅メダルの伊藤美誠のみ。今大会でのシングルスの成績は、パリオリンピックの選考に関わるポイントの対象外だが、優勝すれば世界への扉が開く大会であることは間違いない。男女シングルスの優勝杯である天皇杯、皇后杯は誰の手に渡るのか?

 

大会の記録は以下の記録検索より

2022年全日本選手権(一般・ジュニアの部)

関連する記事