卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

卓球YouTuber対決・吉田vs池田(わった)、好ラリーの末に吉田に軍配

男子シングルス1回戦、吉田和也(神戸TC)と池田亘通(Infinity)の対戦。卓球YouTuber同士の対決ということで注目が集まり、ネット配信はアクセスが集中したため(?)重くなったという中、期待通りの素晴らしいラリー戦が繰り広げられた。

ほぼ互角の勝負は第3ゲームにジュースにもつれ込んだが、吉田が競り勝ったことで優位に立ち、3−1で勝利。池田は回転量の多いドライブとフラット打ちをうまく使い分けたが、吉田のサービス力、両ハンドのラリー力がわずかに上回った。両者ともしっかりとラリーを繋ぎ、見応えのある試合となった。今後の大会やYouTubeでの対決も楽しみだ。

●男子シングルス1回戦
吉田和也(神戸TC) 6、-6、11、5 池田亘通(Infinity)

試合後の二人のコメント
吉田「YouTubeでコラボ企画の案もあったんですが、コロナで延期となっている中、実現した初対決が、まさかの全日本ということで、ビックリでした(笑)。わった君(池田)は入れるのが上手いので、雑にならない方がいいと聞いていたので、丁寧なプレーを心がけました」
池田「吉田さんはサービスが上手いと分かっていたんですが、最後まで攻略できなかった。3ゲーム目のジュースを落として、リードを奪えなかったのがポイントで、そうなると経験もある吉田さんには厳しかったですね」
吉田「わった君は、動画で見て想像していた以上に威力があったし、入ってきた」
池田「最近はより攻撃的なプレーを目指していて、今日もどんどん振ることを意識したんです」
吉田「粘着に変えたよね? ドライブの回転量があって対応できなかった。ラバー変えてから動画上げてないよね?(笑)」
池田「粘着テンションに変えてからは、そのプレー動画は上げないようにしていました(笑)。良いドライブも打てたけど、でもまだ十分使いこなせてないですね」
吉田「今日は良いラリーが多かったと思うし、本当に楽しかったね」
池田「本当に楽しかったです」

強打は控えめにし、安定感のある両ハンドドライブでラリー戦を制した吉田

丁寧に繋ぎながらも、要所で思い切りの良いスイングを見せた池田

関連する記事