卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

丹羽孝希、ブルーラバーで全日本初登場!!

今大会は男子シングルスのみのエントリーとなっている丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)。スーパーシード初戦となる男子シングルス4回戦に登場し、篠塚大登(愛工大名電高)と対戦した。

丹羽はバック面にブルーのカラーラバーを貼って登場。ブルー、ピンク、グリーンとカラーラバーを使用する選手が想像していたよりも多くいた今大会だが、丹羽ほどのトップランカーがカラーラバーを使用するのは新鮮だ。

バック面にブルーのカラーラバーを使用

 

試合は両者ともチキータから強烈なバックハンドの打ち合いになったが、要所で丹羽がリズムを崩すプレーを入れて篠塚を下す。

丹羽は以前から「東京五輪が終わったらカラーラバーを調整したい」と話していて、Tリーグでもカラーラバーで試合に出ていたが、全日本に向けて本格的な調整が間に合ったようだ。

明日の相手は松平賢二(協和キリン)。松平も好調を見せているので激しい打ち合いになるのは必至。見ごたえのある戦いになりそうだ。

控えめながらしっかりと拳を固めた

関連する記事