卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

ジュニア男子4回戦の全結果。王者・名電に挑む挑戦者たち

●ジュニア男子4回戦
鈴木颯(愛工大名電高) 6、−5、8、−3、3 浅見勇志(希望が丘高)
梅村友樹(明徳義塾中・高) 10、−8、8、7 日高宏紀(愛工大名電中)
岩井田雄斗(野田学園高) 11、5、−8、5 辻井聡一(上宮高)
青山貴洋(育英高) −3、9、−11、10、8 中村煌和(愛工大名電高)
飯村悠太(野田学園高) 8、8、5 菅沼翔太(愛工大名電中)
薜大斗(遊学館ジュニア) −9、7、7、4 佐野和輝(大阪桐蔭高)
吉山和希(愛工大名電中) 7、−9、8、6 道廣晴貴(希望が丘高)
吉山僚一(愛工大名電高) 10、5、−8、−9、8 藤元駿(明徳義塾中・高)
石山浩貴(上宮学園中) 9、9、5 丹羽良(愛工大名電高)
三木隼(野田学園高) 9、8、6 管琉乃介(遊学館高)
坂井雄飛(愛工大名電中) 8、7、−8、8 高橋慶太(育英高)
萩原啓至(愛工大名電高) 6、7、6 小野泰和(出雲北陵中・高)
谷本拓海(兵庫中) 9、−3、−10、11、12 加山雅基(愛工大名電高)
徳田幹太(野田学園高) −9、−11、8、11、7 木谷颯太(佐賀学園高)
芝拓人(野田学園高) 8、−11、9、9 山岸馨(愛工大名電高)
松島輝空(星槎中) 5、6、3 二井原有真(育英高)

 

ジュニア男子4回戦が終了、ベスト16が決定!

昨年度準優勝の鈴木は、左腕の浅見に大苦戦。豪快に振り抜く浅見の両ハンドドライブは強烈だったが、ゲームオールで辛くも振り切った。一昨年のチャンピオン、吉山も藤元にゲームカウント2-0から追いつかれ、最終ゲーム7ー7まで競り合ったが、最後は突き放して勝利。圧倒的な層の厚さを誇る名電勢といえども、勝ち上がるのは容易ではない。

ベスト16の内訳は、愛工大名電中・高から5人、野田学園高から5人とライバルの両校が拮抗。そして優勝候補の松島輝空もしっかり3ー0で勝ち上がっている。

一昨年度優勝の吉山(愛工大名電高)を追い詰めた藤元(明徳義塾中・高)

左腕の浅見(希望が丘高)は、昨年準優勝の鈴木(愛工大名電高)と熱戦を展開

加山(愛工大名電高)を破ってベスト16に勝ち上がった谷本(兵庫中)

ベスト16に5人が入った野田学園高。写真は菅沼(愛工大名電中)に完勝した飯村

ベスト16に勝ち上がった梅村(明徳義塾中・高)。父・正樹さんはデフリンピックの元金メダリスト、叔母・礼さんは元全日本女王だ

関連する記事