卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

女子ダブルス4回戦、伊藤/早田、石川/平野らシードペアは初戦を突破

●女子ダブルス4回戦
伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命) -8、12、5、10 野村光/小林りんご(桜丘高)
高橋梓海/出雲美空(エクセディ) 3、5、7 平真由香/田口瑛美子(昭和電工マテリアルズ)
木村香純/出澤杏佳(専修大) 4、11、9 藤原真由/中島花(関西大/京都産業大)
佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス) 9、6、4 岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)
野村萌/森田彩音(デンソー) 7、13、-9、6 阿久根みこ/佐藤清乃(聖和学園高)
麻生麗名/皆川優香(日本生命/大阪成蹊大) キケン 岡田琴菜/大川真実(愛知工業大)
永尾尭子/南波侑里香(サンリツ/日本ペイントマレッツ) 11、9、10 伊藤佑里子/金子碧衣(松戸市役所)
三條裕紀/熊中理子(昭和電工マテリアルズ/キヤノンメディカル) キケン 塩見真希/梅村優香(ミキハウス/中央大)
長崎美柚/木原美悠(日本生命/JOCエリートアカデミー/星槎) -9、7、7、10 赤江夏星/上澤杏音(香ヶ丘リベルテ高/貝塚第二中)
鈴木李茄/山本笙子(昭和電工マテリアルズ) -11、-4、8、7、6 清家綾乃/三島日菜之(オークワ)
石川佳純/平野美宇(全農/日本生命) 5、10、4 前瀧初音/吉田優海(愛媛銀行)
菅澤柚花里/中森帆南(四天王寺高) キケン 松平志穂/有延優希(サンリツ)
宋恵佳/成本綾海(中国電力) 7、8、9 山本怜/竹本朋世(十六銀行)
黒野葵衣/中島彩希(早稲田大) -6、7、-2、9、6 張本美和/小塩悠菜(木下アカデミー/星槎中)
加藤亜実/船場清華(専修大) 9、-10、10、6 横山有沙/松澤帆乃果(百十四銀行)
芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/四天王寺高) 11、-12、6、6 後藤奈津美/牛嶋星羅(昭和電工マテリアルズ)
大会4日目、9時半から女子ダブルス4回戦が行われた。
世界選手権銀メダルの伊藤/早田、東京オリンピック代表の石川/平野らスーパーシード勢も、このラウンドから登場し、無事初戦を突破した。
伊藤/早田の相手は、桜丘高の野村/小林。カットの小林が後陣から正確なカットで粘り、相手のドライブを右シェークバック表の野村がブロックとカウンターで振り回す。伊藤/早田は1ゲーム目を落とし、2ゲーム目も10-9から10-11と逆転されてゲームポイントを握られる苦しい展開だったが、ここで早田が強烈なレシーブドライブで得点。今日が全日本初戦となる伊藤をアシストし、逆転勝利につなげた。

やや苦戦しながらも、初戦の4回戦を突破した伊藤(右)/早田

石川(左)/平野も順当に初戦を突破

カットとロビングを交え、華麗な守備で相手ペアの攻撃を封じた佐藤(奥)/橋本

名コンビの長崎(右)/木原は笑顔の勝利

関連する記事