卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

吉山「決勝は一番楽しかったです」【ジュニア男女優勝コメント】

大会4日目に行われた男女ジュニア決勝。男子は2年前の王者、吉山僚一(愛工大名電高)が、ライバルの松島輝空(星槎中)をストレートで下してV2を達成。
女子は、高校2年の木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)が、ラストチャンスで悲願の優勝を果たした。

以下、両選手の記者会見のコメント

●吉山僚一
去年悔しい思いをして、優勝したいと思っていたので、優勝できて嬉しいです。
二年前(の決勝)も一緒だったのですが、自分が挑戦者として、自分から向かっていこうという強い気持ちで戦いました。
相手に攻められた時でもブロックだけじゃなくて、カウンターしたりとか、足も動いたし、相手の動きも見えていて、ラクに戦えました。決勝は、一番楽しかったです。

去年の試合では相手が向かってきて、プレッシャーがあったけど、今年はチャレンジャーとして試合に臨めたのが良かった。
チキータからの攻撃が得意で、それをたくさん練習してきたし、あとはストップからの展開など、小さい展開からの練習をしてきた。
将来的には、日本代表になって世界で金メダルを獲るのが目標です。

フットワークを使い、アグレッシブに攻めた吉山。会心のプレーだった

 

●木原美悠
今までジュニアで一度も優勝したことがなくて、最後のジュニアだったので、すごく優勝したいという気持ちが強かった。
決勝の相手の張本選手はすごく強い選手で、あまり試合したことなかったけど、思い切って自分のプレーができればという気持ちで臨みました。
一番良かったのはサービスと三球目で、サービスの得点率が高かった。

今まではジュニアの選手と試合をする機会がなくて、すごくいやだなと思うことがあったし、プレッシャーを感じて、自分のプレーができなくて負けることがあったけど、今回はジュニアが最後ということで、粘ることを意識して、最後まで諦めずできたのが良かったです。
今回ジュニアで優勝できたことは自分でも自信につながるし、今後一般では、自分を目標としてくれる選手がたくさん現れるように頑張りたい。

威力あるサービスから、決定率の高い3球目強打を見せた木原

関連する記事