卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2022

元女王たちも苦しむ“魔の初戦”。女子シングルス4回戦

女子シングルス4回戦、スーパーシードの石川佳純(全農)、伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)、早田ひな(日本生命)らが登場。過去に全日本を制した彼女たちをもってしても簡単には勝てないシングルス初戦。相手の思い切りの良い攻めに苦しみ、ゲームを奪われたものの、それぞれ無事に初戦を乗り切った。

 

●女子シングルス4回戦
石川佳純(全農) 7、-8、-7、7、8、1 玉石幸穂(エクセディ)
徳永美子(十六銀行) 8、12、8、-7、-9、2 篠原夢空(貝塚第二中)
前瀧初音(愛媛銀行) 7、-6、5、12、9 林めぐみ(キヤノンメディカル)
加藤美優(日本ペイントマレッツ) 8、9、8、6 後藤奈津美(昭和電工マテリアルズ)
大藤沙月(四天王寺高) 4、4、2、7 青木優佳(中国電力)
木村香純(専修大) 4、-9、9、-9、10、-10、4 森田彩音(デンソー)
南波侑里香(日本ペイントマレッツ) -13、7、6、-9、9、-8、7 塩見真希(ミキハウス)
長崎美柚(日本生命) 9、8、8、6 阿部里歩(國學院大)
笹尾明日香(早稲田大) 9、6、6、-7、8 千葉菜月(東京富士大)
野村萌(デンソー) 8、9、-5、-6、7、-6、7 山本怜(十六銀行)
木塚陽菜(神戸松蔭女子学院大) 8、8、9、12 宋恵佳(中国電力)
平真由香(昭和電工マテリアルズ) 2、2、-6、11、4 山本愛織(立命館大)
橋本帆乃香(ミキハウス) 4、4、3、2 榎谷優香(神戸松蔭女子学院大)(鹿児島)
早田ひな(日本生命) 5、3、-8、-9、2、11 赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 7、-7、10、-9、2、9 永尾尭子(サンリツ)
鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大) -11、9、8、-6、7、-8、10 松本静香(十六銀行)
成本綾海(中国電力) -9、-11、9、9、5、-9、5 中森帆南(四天王寺高)
森さくら(日本生命) -9、6、12、8、8 船場清華(専修大)
平野美宇(日本生命) -8、1、8、7、4 岩越帆香(早稲田大)
高橋梓海(エクセディ) 4、-9、-8、7、-8、9、8 小塩悠菜(星槎中)
中田玲奈(筑波大) 6、-6、8、-9、10、8 門阪彩愛奈(立命館大)
佐藤瞳(ミキハウス) 6、-12、4、2、3 青井さくら(明徳義塾中・高)
木村光歩(中国電力) 5、10、10、-7、-6、4 武山華子(横浜隼人高)
鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ) 5、7、5、6 玉石美幸(エクセディ)
安藤みなみ(TOP名古屋) 6、4、9、-8、3 麻生麗名(日本生命)
芝田沙季(ミキハウス) 5、6、8、5 川北帆香(中央大)
黒野葵衣(早稲田大) 9、-9、6、7、-5、8 枝廣愛(就実高)
松平志穂(サンリツ) 8、6、9、10 中畑夏海(デンソー)
伊藤美誠(スターツ) 8、5、9、-8、-8、3 出雲美空(エクセディ)

山本真由(同志社大) キケン 竹前裕美子(エクセディ)
本井明梨(同志社大) キケン 岡田琴菜(愛知工業大)
田中千秋(豊田自動織機) キケン 横井咲桜(四天王寺高)

一昨年の女王・早田は赤江に2-0から2-2に追いつかれたが、しっかり勝ち切った

伊藤美誠は出雲に3-0から3-2とされたが、6ゲーム目は一気に突き放した

こちらも元全日本女王、ヒューストン大会で好プレーを見せた平野美宇も初戦突破

4回戦に勝ち進む健闘を見せた中学1年の小塩悠菜は、大接戦の末に敗れる

こちらも貴重なペン表速攻型、阿部(國學院大)は長崎に敗れる

関連する記事