卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

秋田から出場の夫婦ペア・加藤悠二/優花、混合複1回戦に登場

今大会の最初の試合となる混合ダブルス1回戦。昨年12月の全日本マスターズ・男子サーティで優勝し、今大会は3種目にフルエントリーしている加藤悠二(秋田市役所)が、妻・優花との夫婦ペアで出場した。

昨年は秋田県予選で優勝して出場権を勝ち取るも、夫・悠二が市役所に勤めていることもあり、コロナ禍の中で大会出場を断念せざるを得なかった加藤夫婦ペア。その悔しさを晴らすべく、今日の1回戦では幸先良く1ゲーム目を先取するも、2ゲーム目以降はスコアの離れないシーソーゲームとなり、惜しくも1ー3で敗れた。「奥さん(優花さん)が秋田商業高時代に出場してから10年ぶりの全日本ということで、緊張するかと思っていたけど、全然緊張していなかったですね。ぼくも緊張しなかったけど、相手ペアにうまくやられてミスが多かった。プレーがうまくいかない中でも、ふたりで我慢しようと声を掛け合いながらプレーできたので、そこは良かったと思います」(加藤)。

昨年は開幕直前に棄権を余儀なくされた加藤夫婦ペア、今年は2年分の想いを乗せて全力でプレー

秋田商業高から駒澤大を経て、日本リーグの名門・シチズン時計でもプレーした実績を持つ加藤。残る2種目も初戦から強敵と相まみえるが、「全日本なのでもちろん勝ちにはいきますが、強い選手とやれることを楽しみながらプレーしたいと思います」と語ってくれた。地元・秋田にひとつでも多くの白星を届けたい。

●混合ダブルス1回戦
中田達也/廣田めぐみ(戸出クラブ/Sugar) ー9、11、8、9 加藤悠二/加藤優花(秋田市役所/Nene)

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら