卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

4試合中3試合が左利き対決のジュニア男子。ベスト4はオールサウスポー!

●ジュニア男子準々決勝
松島輝空(木下アカデミー) 3、7、7 木方圭介(野田学園高)
吉山和希(愛工大名電中) ー8、ー9、10、7、9 木塚陽斗(明豊高)
坂井雄飛(愛工大名電高) ー6、9、7、8 芝拓人(野田学園高)
萩原啓至(愛工大名電高) 5、ー9、7、9 三木隼(野田学園高)

なんと4試合中3試合が「左利き対決」となったジュニア男子準々決勝。唯一の右利きのプレーヤーである木塚陽斗も、カットに攻撃を織り交ぜるオールラウンド型。右利きのシェークドライブ型がベスト8にひとりもいないというのは、近年では異例だ。

第1シードの松島は、今大会ブレイクの兆しを見せた木方にストレート勝ち。後陣に下がっても多彩なボールさばきを見せる木方だが、松島は威力ある両ハンドドライブを連打しながら、時に木方を上回る後陣での粘りとリカバーを見せた。
「全日本ジュニアは絶対優勝するという目標で臨んでいるし、絶対に負けられないのでプレッシャーや緊張があったんですけど、その中で良いプレーができている。1球1球ミスなく、落ち着いたプレーができた。小6からこれまで2位が2回だったり、ベスト8だったり、悔しい結果で終わっているので、今度こそは優勝したい」(松島)

「絶対優勝する」という強い気持ちで臨む松島。好調の木方を退けた

木方は強敵を連破してベスト8。これから一気に頭角を現すか

残るベスト4はいずれも名電勢。中学3年の吉山は、木塚のカットからのブロック&カウンターに手を焼きながらも集中力を切らさず、木塚の反撃を正確にブロックして攻撃に結びつけた。木塚は敗れたとはいえ、個性的なオールラウンドスタイルでのベスト8入りは大きな自信となるだろう。

高い集中力で逆転勝ちを収めた吉山

ベスト8で唯一の右利き、木塚は勝利にあと一歩

愛工大名電高の萩原と三木は、野田学園高の三木と芝とのライバル校対決。ともに競り合いとなったが、試合の終盤で相手の打ち気を見透かすように、低く切れた下回転サービスでチキータのミスを誘い、伸びるロングサービスでレシーブ強打のミスを誘った名電のふたりが勝利をつかんだ。昨夏のインターハイ3位で、有力な優勝候補だった三木と芝にとっては悔しい敗戦。球威は高校卓球界でも屈指のものがあるだけに、よりしたたかなプレーも身につけたいところだ。

強敵・三木を退けた萩原は大きく両手を広げた

インターハイ3位の芝は惜しくもベスト8で終戦

関連する記事