卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

ジュニア男子3回戦の全結果。ベスト32で高橋慶太(育英高)が唯一のペンホルダー

ジュニア男子も3回戦が終了。第1シードの松島輝空をはじめ、3回戦から登場するスーパーシードの8名はすべて4回戦(ベスト32)に勝ち進んだ。ベスト32の中では、高橋慶太(育英高)が唯一のペンホルダーとなった。全体に大きな波乱はなかったものの、国際大会で活躍する渡部民人(星槎中)がこのラウンドで敗れたのは意外だ。ポテンシャルの高さは誰もが認める渡部だが、コンスタントに発揮できるまでには至らないようだ。

●ジュニア男子3回戦
松島輝空(木下アカデミー) 7、5、4 古閑慎也(東山高)
持田陽向(愛工大名電中) 7、6、9 長谷部聡明(帝京朝霞高)
日高智貴(大阪桐蔭高) 15、7、7 木村友哉(野田学園中)
齋藤俊太朗(明徳義塾中・高) 3、ー6、9、6 須黒陸斗(埼玉栄高)
石山浩貴(上宮高) 9、8、ー10、ー9、6 勝田裕介(三浦学苑高)
小野泰和(出雲北陵中・高) 7、5、3 清田渉(慶誠高)
木方圭介(野田学園高) 5、11、6 武智颯汰(育英高)
中村煌和(愛工大名電高) 7、ー7、6、9 島岡修斗(安田学園中)
吉山和希(愛工大名電中) 2、7、1 野村順成(秋田高)
久保賢輔(希望が丘高) ー10、8、ー9、9、12 濱田尚人(高知小津高)
植木大陽(明豊高) 10、ー9、7、3 小園江紀也(野田学園高)
高橋慶太(育英高) 9、ー4、11、12 溜大河(静岡学園高)
木塚陽斗(明豊高) 2、ー8、9、5 中谷歩夢(浜松修学舎高)
川上流星(星槎中) 6、8、4 星和志(文星芸大附中)
岡本翼(木下アカデミー) 7、8、ー9、12 鈴木柊平(遊学館高)
岩井田雄斗(野田学園高) 4、8、8 山野煌介(白子高)

坂井雄飛(愛工大名電高) 5、3、10 伊藤佑太(木下アカデミー)
渡辺凉吾(野田学園中) 4、9、ー3、ー11、14 福光凌大(静岡学園高)
烏田東(呉青山高) 6、7、7 高橋拓己(明豊高)
加藤公輝(明徳義塾中・高) 8、8、11 杉浦涼雅(愛工大名電中)
谷本拓海(兵庫中) 3、13、2 椿達一朗(神栖三中)
佐野和輝(大阪桐蔭高) 8、ー9、10、8 八幡陽介(湘南工大附高)
佐藤卓斗(出雲北陵中・高) 6、10、6 菅沼翔太(愛工大名電高)
芝拓人(野田学園高) ー8、5、4、9 田中優也(富田高)
萩原啓至(愛工大名電高) 2、6、9 鈴木拓登(上宮学園中)
森眞奈斗(石田卓球クラブ) ー4、7、6、10 岸本漣斗(アールクラブ)
丸川智弘(野田学園高) 9、ー7、2、4 二井原有真(育英高)
若月展翼(東山高) ー9、7、8、8 薜大斗(遊学館高)
齋藤輝心(浜松修学舎高) 8、7、10 渡部民人(星槎中)
岩井田駿斗(野田学園中) ー8、9、5、3 面田知己(愛工大名電中)
中城瑛貴(松山卓球教室) 8、9、ー8、9 嶋田碧虎(明豊高)
三木隼(野田学園高) 6、6、9 西澤海翔(上宮高)

 

ストレート勝ちでジュニア初戦を飾った松島輝空

ジュニア男子のベスト32で唯一のペンホルダー・高橋慶太(育英高)

カットと攻撃のオールラウンドプレーを見せる木塚陽斗(明豊高)は、ジュニアの注目株のひとり

パワー全開、昨年の全日本カデット14歳以下準優勝の中城瑛貴

第2シードの三木隼(野田学園高)は昨年のインターハイ3位。最後のジュニアで初優勝を期す

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら