卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

「偶然が重なって予選通過しちゃいました」まさかの県予選通過で初めての全日本へ

●男子ダブルス2回戦

日置拓人/米川奈央也(王子製紙米子/福生クラブ) -4、-7、-5 岡野俊介/鈴木颯(朝日大/愛工大名電高)

 

本日行われた男子ダブルス2回戦、上位進出有力候補である岡野/鈴木と対戦したのは今回が初めての全日本出場となる日置/米川ペアだ。

右シェークの日置と左ペンの米川は鳥取県にある米子松蔭高の先輩後輩の関係。全日本選手権の鳥取県ダブルス予選に出場したのは良いが、予選を通過できると思っていなく、「シングルスのための準備体操のつもりだった」と言う。だがその準備運動がまさかの大当たり。準決勝では鳥取敬愛高ペアに勝利し、決勝では後輩でもある米子松蔭高ペアをフルゲームの末に破り二人にとって初めての全日本出場を決めてしまった。

そして迎えた本日の男子ダブルス2回戦。相手は1回戦を勝ち上がってきた岡野/鈴木ペア。日本卓球界でもトップクラスの実力を持つペアに対し「向かっていくだけだった」と、積極的に攻撃を仕掛けるも、岡野/鈴木の技術力の前に完敗。それでも、「全日本は熱気がすごくて強い人ばかり。県内で見る試合とは全然違いました」と、二人とも充実の表情を見せていた。

「対戦相手は格上なので向かっていく気持ちでプレーしたけど、やっぱり少し硬くなってしまいました。今度はシングルスでも出場できるように、県予選を勝ちたいと思います」(日置)。

「すごい緊張しましたね。(相手は)格上で有名な方なので、対戦できてすごい良かったなと思います。(日置選手と同じく)来年はダブルス以外でも頑張って県予選を抜けたいと思います」(米川)。

 

全日本初出場となった日置(右)/米川。来年はシングルスでの出場を目指す

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事