卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

最後は張本がバックドライブ一閃。世界選手権2位の張本/早田は初戦を快勝

●混合ダブルス2回戦の主な結果
張本智和/早田ひな(IMG/日本生命) 7、5、7 中村圭介/西脇姫花(栗東市役所/滋賀学園高)
小林広夢/出澤杏佳(日本大/専修大) 10、3、4 津村優斗/石田瑳歩(関西大/中京大)
龍崎東寅/森薗美咲(三井住友海上/FPC) 6、8、9 田澤諒/花輪日菜(創学館高校職員/山形城北高)
篠塚大登/木原美悠(愛知工業大/EA/星槎) 5、8、6 礒野辰哉/横山有沙(北陸大/百十四銀行)
谷垣佑真/岡田琴菜(愛知工業大) 11、7、ー9、9 神京夏/井絢乃(瀬戸内スチール/中国電力)
野田颯太/木塚陽菜(専修大/神戸松蔭女子学院大) ー6、10、5、ー10、9 田添健汰/長﨑美柚(木下グループ)
松島輝空/張本美和(木下アカデミー) 3、5、7 人見航希/林桃子(関西大/クローバー歯科フェアリーズ)
英田理志/南波侑里香(愛媛県競対/トップ名古屋) 3、7、7 八色遙斗/佐原のどか(鎮西学院高)

大会2日目の第1試合となる混合ダブルス2回戦、スーパーシード勢が登場!

一昨年の世界選手権ヒューストン大会(個人戦)で準優勝、前回大会で全日本初Vの第1シード、張本智和/早田ひなはストレートで勝利。両選手とも声は出さず、打球感や台の弾みを確かめるように慎重にプレーしながらも、巨大な戦艦が静かに進みはじめたような迫力があった。3ゲーム目の10ー7のマッチポイントでは、張本が振り抜いたバックドライブがバッククロスを駆け抜け、勝負あり。ふたりでうなずきあってタッチを交わした。

前回優勝ペア、張本/早田は今大会初戦をストレート勝ち

張本/早田とともに今年の世界選手権ダーバン大会(個人戦)の出場枠を獲得している篠塚大登/木原美悠も快調にストレート勝ち。その他も実力派ペアが確実に勝ち上がる中、ともにダブルスでの実績豊富な田添健汰/長﨑美柚がゲームオールで敗れる波乱があった。混合ダブルスはこのあと3・4回戦が行われ、早くもベスト8が出揃う。

優勝候補の一角、田添健/長﨑は2回戦で惜敗

気迫のプレーで田添健/長﨑を押し切った野田/木塚

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事