卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

ジュニア男子で8強が決定。第1シードの松島は3試合連続のストレート勝ち

●ジュニア男子5回戦

松島輝空(木下アカデミー) 4、6、7 齋藤俊太朗(明徳義塾中・高)

木方圭介(野田学園高) 3、-11、9、9 小野泰和(出雲北陵中・高)

吉山和希(愛工大名電中) 7、11、6 高橋慶太(育英高)

木塚陽斗(明豊高) -9、8、10、11 岡本翼(木下アカデミー)

坂井雄飛(愛工大名電高) 14、-9、7、8 烏田東(呉青山高)

芝拓人(野田学園高) 7、8、-9、8 佐野和輝(大阪桐蔭高)

萩原啓至(愛工大名電高) 8、9、7 丸川智弘(野田学園高)

三木隼(野田学園高) -5、-4、4、7、6 岩井田駿斗(野田学園中)

ジュニア男子5回戦が終了。ベスト8のうち7名が左利きという結果になった。初優勝を目指す第1シードの松島輝空は3試合連続のストレート勝ち。安定感と威力を兼ね備えた両ハンドドライブで齋藤を圧倒。準々決勝ではインハイ複準優勝の木方圭介(野田学園高)と対戦する。

3回戦から3試合連続でストレート勝利をおさめた松島

準々決勝で松島と対戦する木方。眠っていた才能を開花させるか

第2シードの三木隼は野田学園の後輩・岩井田駿斗と対戦。2ゲームを先行され万事休すかと思われたが、3ゲーム目から先輩の意地を発揮。岩井田のテンポの早い攻撃にもうまく対応し、フルゲームで勝利した。

後輩・岩井田に逆転で勝利した三木

ベスト8の中で唯一の右利きとなったカットマンの木塚。

関連する記事