卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

ジュニア女子3回戦が終了。松島美空は惜しくも3回戦突破ならず

●ジュニア女子3回戦

張本美和(木下アカデミー) 3、4、7 武田結奈(滋賀学園高)

狩野琴春(埼玉栄高) 8、4、8 藤田知子(四天王寺高)

吉本はな(貝塚第二中) 7、-12、10、6 野崎穂果(武蔵野中高)

坂崎愛華(正智深谷高) 4、4、-9、3 小島和愛(下妻東部中)

青木咲智(ミキハウスJSC) 10、4、5 田村優花(正智深谷高)

佐原のどか(鎮西学院高) -5、15、-11、7、9  遠藤凛(横浜隼人高)

司千莉(香ヶ丘リベルテ) 4、7、8 佐藤野々華(新潟産大附高)

牧野里菜(遊学館高) 8、5、-12、-7、9 杉田くるみ(武蔵野中)

首藤成美(希望ヶ丘高) -3、8、9、7 松島美空(京都カグヤライズ)

桧山夏望(横浜隼人高) 3、8、9 中西希良里(浜松修学舎中)

牧野美玲(木下アカデミー) -4、5、-7、4、6 塚田桜姫(中野西高)

篠原夢空(香ヶ丘リベルテ高) 8、6、6 川山裕似奈(愛み大瑞穂)

山室早矢(城山ひのくにJr) -5、9、9、5 東川羽菜(文星女子高)

村松愛菜(冨田高) 5、-8、13、9 浅井柚香(新発田ジュニア)

福井蓮彩(進徳女子高) 4、3、2 外山日向(桜丘高)

原芽衣(四天王寺高) 2、11、8 大塚未来(遊学館高)

面手凛(山陽学園中) 5、6、9 熊田陽花(琉球レオフォルテJr)

山本真愛(四天王寺高) 3、5、11 梅澤美緒(武蔵野中)

高森愛央(ミキハウスJSC) -8、8、2、5 山岸唯菜(新潟産大附高)

栗山優菜(桜丘高) 9、-2、9、7 岡野結衣(横浜隼人高)

伊藤詩菜(四天王寺高) 3、1、1 千葉珠音(郡山女子大附高)

今枝愛美(愛み大瑞穂高) -9、7、10、9 松本悠良(奈良女子高)

竹内伶(遊学館高) 4、8、-11、7 井之村洸蕗(武蔵野中高)

小塩悠菜(星槎中) 5、5、4 林ひかる(富田高)

小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎) 1、6、7 古賀咲音(滋賀学園高)

大野沙蘭(石田卓球N +) 7、6、5 萩原怜奈(ミキハウスJSC)

岩見百恵(徳増卓球クラブ) 4、8、7 岩木仁香(横浜隼人高)

竹谷美涼(貝塚第二中) 2、8、5 山岸愛菜(新潟産大附高)

吉田一葉(萩光塩学院高) 12、8、4 浦部佳苗(富田高)

松元菜音(Asiry Rumoi) -6、9、6、7 伊藤七海(四天王寺高)

野川春華(武蔵野中高) 7、10、3 上田遥音(セントラルSHIN)

由本楓羽(香ヶ丘リベルテ高) 7、-9、5、6 島村果怜(横浜隼人中)

 

ジュニア女子3回戦の全結果は上記のとおり。スーパーシードの張本や由本、小塩姉妹が順調に勝ち上がる中、今大会最年少の松島美空の試合に注目が集まった。

1、2回戦で年上を撃破し臨んだ松島は、3回戦でスーパーシードの首藤成美(希望ヶ丘高)と対戦。得意の巻き込みサービスが効き1ゲーム目を奪うも、2ゲーム目以降は首藤にフォアハンドを打ち込まれる展開が続き、1-3で敗北となった。

試合後の会見では「ミドルに攻められたボールを相手のフォア側に返してしまったのがダメだった。(今後強化していきたいのは)レシーブ。もっと厳しいレシーブをしたり、ミドルに攻められたボールに対応できるようにしたいです」とコメント。悔しさを滲ませつつも、記者からの質問に冷静に返答する姿は小学3年生ということを忘れさせる。次の目標は全日本カブと東アジアホープス優勝、そしてその先に見据えているのはオリンピックでの金メダルだ。

負けたものの充実の戦いぶりを見せた松島

松島に勝利した首藤は明日の4回戦で桧山夏望(横浜隼人高)と対戦

第1シードの張本は初優勝に向けて順調な滑り出しを見せた

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事