卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

小学3年生の松島美空が3回戦進出。カデット13歳以下王者・岡本翼も勝利

●ジュニア女子2回戦
松島美空(京都カグヤライズ) 5、ー9、7、5 八ツ田光希(正智深谷高)

ジュニア女子2回戦、小学3年生の松島美空が昨日の1回戦に続く勝利を収めた。巻き込みサービスの変化と威力が際立っているが、ラリー戦になっても集中力高く、凡ミスのないプレーは相当な練習量を感じさせる。昨日の試合後の会見で、今大会の目標のひとつに「(マイナスの感情を)顔に出さないこと」を挙げていたが、その言葉どおり、冷静にプレーを進めている印象だ。

3回戦の対戦相手はスーパーシードの首藤成美(希望が丘高)。センスあふれる左腕対決、楽しみな一戦だ。ジュニア女子ではこれまでに平野美宇(木下グループ)が小学3年生で2勝を挙げているが、それを上回ることができるか。

ベンチではあどけない表情も見せる松島だが、コートでの振る舞いは堂々たるもの

父・卓司さんがベンチで快進撃を支えている

また、ジュニア男子2回戦では昨年の全日本カデット13歳以下優勝、岡本翼が高校生にストレート勝ち。中学1年生とは思えないほど冷静にプレーを進め、両ハンドのバランスと安定性も抜群。その才能を開花させつつある。3回戦では鈴木柊平(遊学館高)と対戦する。

●ジュニア男子2回戦
岡本翼(木下アカデミー) 3、6、10 濱田直人(北科大高)

その才能を開花させつつある岡本。ジュニアでどこまで勝ち上がるか?

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事