卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

ジュニア男子4回戦、ベスト16のうち10人がサウスポー!

●ジュニア男子4回戦
松島輝空(木下アカデミー) 5、7、9 持田陽向(愛工大名電中)
齋藤俊太朗(明徳義塾中・高) 8、7、7 日髙智貴(大阪桐蔭高)
小野泰和(出雲北陵中・高) ー8、4、10、12 石山浩貴(上宮高)
木方圭介(野田学園高) 6、6、5 中村煌和(愛工大名電高)
吉山和希(愛工大名電中) ー8、11、ー8、10、7 久保賢輔(希望が丘高)
髙橋慶太(育英高) ー7、7、ー5、12、3 植木大陽(明豊高)
木塚陽斗(明豊高) ー6、7、9、8 川上流星(星槎中)
岡本翼(木下アカデミー) 6、ー3、10、ー4、9 岩井田雄斗(野田学園高)

坂井雄飛(愛工大名電高) 7、9、9 渡辺凉吾(野田学園中)
烏田東(呉青山高) ー4、ー10、8、9、8 加藤公輝(明徳義塾中・高)
佐野和輝(大阪桐蔭高) ー8、ー9、10、7、9 谷本拓海(兵庫中)
芝拓人(野田学園高) 9、4、ー6、5 佐藤卓斗(出雲北陵中・高)
萩原啓至(愛工大名電高) 8、3、5 森眞奈斗(石田卓球クラブ)
丸川智弘(野田学園高) 8、5、8 若月展翼(東山高)
岩井田駿斗(野田学園中) 9、9、8 齋藤輝心(浜松修学舎高)
三木隼(野田学園高) 5、5、ー8、7 中城瑛貴(松山卓球教室)

ジュニア男子でベスト16が決定!
第1シードの松島輝空、第2シードの三木隼をはじめ、実に16人中10人がサウスポーという結果になった。4回戦ではサウスポー同士の対戦もあり、優勝候補の一角だった中村煌和を破った「未完の大器」木方圭介がストレート勝ちを収めた。

中村との左腕対決を制した木方三兄弟の長男・圭介

中学1年生で全日本カデット13歳以下優勝の岡本翼も、昨年度ベスト8の岩井田雄斗を破ってベスト16に勝ち進む快進撃を見せている。

全日本カデット13歳以下王者・岡本翼の快進撃はどこまで続くのか?

●ジュニア男子4回戦
高橋慶太(育英高) -7、7、-5、12、3 植木大陽(明豊高)

ペンホルダーでただひとり勝ち上がっている高橋に対して、植木が好ゲームを見せた。植木は常に先手を奪う積極的な攻撃で試合を優位に進め、4ゲーム目に先にマッチポイントを奪ったものの、高橋が追いつき逆転。最終ゲームは逆に積極性を取り戻した高橋が、快速チキータレシーブからの攻撃などで出足で5本連取と突き放し、勝負を決めた。敗れた植木だが、加山(愛工大名電)、小園江(野田学園高)らを下して勝ち上がり、ベスト16入りまであと一歩の健闘。早い攻めと、体格を生かしたボールの威力で、ポテンシャルの高さを示した。

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事