卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

2023全日本卓球選手権が開幕。寒波に負けない熱戦を期待!

1月23日、東京・千駄ヶ谷の東京体育館で2023年全日本卓球選手権(一般・ジュニアの部)が開幕。14時30分から開会式が行われ、宮﨑義仁・日本卓球協会専務理事の開会宣言とともに、熱戦の火ぶたが切って落とされた。

「卓球の聖地」東京体育館に今年も全日本選手権の季節がやってきた

開会式で挨拶を行った日本卓球協会の河田正也会長は、「する人、見る人、支える人が卓球への熱いを共有して、この大会が成功裏に進むことを願っております」と会場に語りかけた。最後にひと言、「選手の皆さん、思い切り自分を発揮してください!」と力強く締めくくった河田会長。自らも毎週ラケットを握る卓球人、今大会もコートに熱い視線を送る姿が見られそうだ。

開会式で挨拶する日本卓球協会の河田正也会長

大会終盤の週末のみ観客を入れた昨年大会とは違い、今年は大会初日から有観客での開催。観客席は関係者の姿が目立つが、開幕を待ちわびた卓球ファンも多く会場に足を運んでいる。

今日行われるのは、混合ダブルス1回戦と男女ジュニア1回戦。男子ジュニアでは男子大会最年少の小林右京(ピンテック)をはじめ、木方瑛介(T.T彩たま)、双子の大野颯真(木下グループ)・斗真(ABBEY)と4人の小学5年生が出場し、1回戦突破を目指す。女子ジュニアでは男女を通じて大会最年少、小学3年生・9歳の松島美空(京都カグヤライズ)が登場。松島輝空の妹にして現役Tリーガーの松島が、どのようなプレーを見せてくれるのか?

 

試合開始を待つ東京体育館のコート。7日間の熱いバトルの始まりだ

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら