卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

強豪ひしめく愛知県予選を通過した水産高生・松山智英

愛知県の全日本ジュニア予選の通過者一覧に馴染みのない名前があった。松山智英(三谷水産高)。愛知県の全日本ジュニア予選を通過できるのは8名のみで、昨年9月に行われた予選を通過したのは愛工大名電中・高の選手6名と東アジアホープス日本代表の小林右京(ピンテック)、そして松山だった。三谷水産高を調べてみると、なんと県立高校。県立高校から強豪ひしめく愛知県予選を通過したということで、全日本が始まる前から注目の選手としてピックアップしていた。

 

そして本日行われたジュニア男子1回戦、松山は大分の名門・明豊高の主力である岡田空と対戦。試合前の乱打では緊張のせいか空振りなども見られ、「本当にこの選手が愛知県予選を通過したのか?」と思ったが、試合が始まってみると一変、愛知県予選を通過するのも納得のプレーを見せた。パワーのあるフォアハンドとチキータを武器に互角の戦いを繰り広げ、2ゲーム目では点数をリードする場面も見せた。結果的に0−3での敗北となったが、強く印象に残る選手だった。

 

試合後、松山にインタビューをしてみると、積極的なプレーとは対照的な、大人しい好青年という印象を受けた。普段は三谷水産高の食品科に通い、放課後は愛知県のクラブチームであるアシュラで練習をしていると言う松山だが、強豪校に進学するという考えはなく、三谷水産高に進学した理由は「アシュラに近いから」。自身初となる全日本は「すごく緊張しました」と語ったが、それを感じさせないプレーにはどこか大物を感じさせる。次なる目標は愛知県のインターハイ予選通過。我が道を行く松山の今後の活躍が楽しみだ。

「すごく緊張しました。愛知県予選の一ヶ月くらい前は正直(予選を抜けるのは)きついかなと思っていましたが、コーチや監督に励まされて、それで自信がついて頑張れました。練習していたチキータがうまく使えていたのと、一生懸命声を出してできたのがよかったです。」(松山)。

力強いプレーを見せた松山

●ジュニア男子1回戦

松山智英(三谷水産高) -7、-8、-4 岡田空(明豊高)

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら