卓球王国 2024年5月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

充実プレーの張本、強打者・曽根の挑戦をはねのけて決勝進出。3冠に王手

全日本卓球2023男子シングルス準決勝、ダブルス2種目を制して3冠を狙う張本が、初の準決勝進出となった強打者・曽根の挑戦を4-1で退け、決勝進出。3冠達成まであと1勝と迫った。

強いバックハンドを誇る両者の対決は、バック対バックからの打ち合いになり、1ゲーム目は一進一退の接戦を張本が制する。2ゲーム目は曽根が3球目で決める場面もあったが、曽根を上回る両ハンドの威力と早さで張本が6-7から5本連取。3ゲーム目は張本に完全に余裕が生まれ、6本連取などもありリードを広げ、最後は2連続3球目攻撃で得点。後がなくなった曽根は、4ゲーム目に入ると思い切った3球目フォアドライブや、台上バックドライブ強打などで6連続得点するなど8‐2とリード。張本が追い上げるも曽根が振り切った。5ゲーム目は出足で張本が5本連取するも、曽根が8-7と逆転、しかし冷静さを保った張本が4本連取で試合を決めた。

強化に取り組んできたフォアハンドで得点を重ねた張本

曽根はレシーブや3球目で強いチキータを決めたり、一発で抜き去るスピード両ハンドドライブを随所で決めたが、張本はストップを含めた台上、ブロック力、フォアの決定力など、総合力で上回った。競ったり連続得点を許す場面もあったが、受け身になりすぎず常に冷静に戦い、盤石の試合ぶりで決勝進出を決めた。決勝では昨年王者・戸上隼輔と対戦となる。

●男子シングルス準決勝
張本智和(IMG) 11、7、6、-9、8 曽根翔(T.T彩たま)

曽根翔・試合後コメント
「まだ全然、張本選手とは差があるなという試合でした。何本でも返ってくるだろうという気持ちで入ってはいたけど、競っているところで勝てないときついだろうなと思っていた。1ゲーム目など、そういうところで取れなかったのが敗因。ぼくはバックハンドが得意なので、それを磨いていくことはもちろんですが、苦手な技術も成長させていけば張本選手に近づいていけると思います。優勝を目指していたので、ベスト4という結果には悔しい気持ちはありますが・・・嬉しいという気持ちはあまりないですね。大会にポイントがついたり、選考会もあるので、これからの大会でもしっかり結果を残していきたいです。
張本選手は守備力が高く、ぼくが攻めたとしても1本返せるので、そこで相手に気持ちの余裕を持たれているように感じました。今までの試合だと一撃とか連打で決まっていたボールが何本でも返ってきた。守備力の高さを改めて感じました。
ブロックされるときついなというのがあったので、バック対バックなら得点できたり、先にストレートを突けば守備に回らせることができる。それを後半からは意識してやっていました。
Tリーグの昨シーズンだと勝っていたけど、その時は一撃で決まっていたボールが最近になるにつれ、どんどん返されるようになってきた。そこが変わってきたところかなと思います」

バックハンドでの豪打が炸裂した曽根

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事