卓球王国 2023年3月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

大会4日目、混合複、ジュニア男女で王者が決定。スーパーシードも続々登場

上写真:ジュニア女子で初優勝を狙う張本美和

 

★1月26日 大会4日目のタイムテーブル
9:30~ ●女子ダブルス4回戦
10:05~ ●男子ダブルス4回戦
11:15~ ●混合ダブルス準決勝
張本智和/早田ひな(IMG/日本生命)vs 坂根翔大/塩見真希(関西卓球アカデミー/サンリツ)
伊藤礼博/萩井菜津子(日本大)vs 田中佑汰/田中千秋(愛知工業大/豊田自動織機)
11:50~ ●ジュニア男女準決勝
松島輝空(木下アカデミー)vs 吉山和希(愛工大名電中)
坂井雄飛(愛工大名電高)vs 萩原啓至(愛工大名電高)
張本美和(木下アカデミー)vs 篠原夢空(香ヶ丘リベルテ高)
小塩悠菜(星槎中)vs 小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)
12:25~ ●混合ダブルス決勝
13:00~ ●ジュニア男女決勝
15:00~ ●女子シングルス4回戦
17:30~ ●男子シングルス4回戦

 

大会4日目は女子ダブルス4回戦がスタート。昨日第2シードの平野美宇/石川佳純(木下グループ/全農)の棄権が発表されたものの、その他の強豪ペアが続々と登場。前回大会で4連覇を達成し、今大会で5連覇を狙う伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)、19年世界選手権3位でTリーグでもベストペアを獲得した佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)、全日本社会人優勝ペアの成本綾海/井綾乃(中国電力)など、どのペアも高い実力を誇る。

男子ダブルス4回戦では、22年世界選手権3位で昨年王者の宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)、昨年準優勝の張本智和/森薗政崇(IMG/BOBSON)、全日本社会人優勝の渡辺裕介/松山祐季(協和キリン)などが出場する。

また、混合ダブルスとジュニア男女の準決勝・決勝が行われ、3種目のチャンピオンが決定する。ジュニア女子準決勝で行われる遥菜と悠菜の小塩姉妹対決には要注目、

そして15時からは女子シングルス、17時半からは男子シングルス4回戦がスタート。スーパーシードが登場し、戦いはより白熱していく。

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら

関連する記事