卓球王国 2023年1月20日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本卓球2023

全日本男子複、Tリーガーペアの対決はKM東京に軍配!

昨日(23日)より開幕した全日本選手権。大会2日目の今日は、ジュニア男女シングルス・男女ダブルスの3回戦までと、混合ダブルスの4回戦までが行われた。男子ダブルスでは、3回戦にしてTリーガー対決同士の熱い戦いが繰り広げられた。

男子ダブルス3回戦で激突したのは、有延大夢/田添響(琉球アスティーダ/岡山リベッツ)と及川瑞基/松島輝空(木下グループ/木下アカデミー)のペアだ。

●男子ダブルス3回戦

有延大夢/田添響(琉球アスティーダ/岡山リベッツ) 10、-8、-7、7、8 及川瑞基/松島輝空(木下グループ/木下アカデミー)

及川/松島は1ゲーム目を逃げ切って勝利するも、第2、第3ゲームは、有延/田添の好プレーに押され1-2と窮地に追い込まれる。しかし第4ゲームでは、ともに落ち着きあるプレーで及川/松島が1ゲームを奪い返し、勝負の行方はフルゲームへともつれた。

第5ゲームは、及川/松島が中盤で徐々に点差を広げ、ラストは松島が後陣からの緩いドライブで相手を崩して勝利。及川/松島が明日の4回戦に駒を進めた。

Tリーガー対決は及川/松島のKM東京ペアに軍配が上がった

あと1点が遠かった有延(右)/田添

また、同じく男子ダブルス2回戦では、丸坊主軍団こと明豊高の木塚陽斗/岡田空が、ガッツ溢れるプレーで篠塚大登と田中佑汰(ともに愛知工業大)をあと一歩まで追い詰める大健闘を見せた。

●男子ダブルス2回戦

田中佑汰/篠塚大登 8、-5、-7、3、5 木塚陽斗/岡田空

大物相手に持ち前のガッツで向かっていった木塚(左)/岡田ペア

明日は男女シングルスの3回戦まで、ジュニア男女シングルス準々決勝まで、混合ダブルスの準々決勝が行われる。

★全日本卓球2023現地リポート特設ページはこちら